トイケネルの子供たち

かわいいチワワがいっぱい!!

☆4色の同色baby☆

DSC06895.jpg

はい、もう十分わかっております、プリティちゃん

DSC07004.jpg

お待たせしました♪
生後4日目、ようやくプリティbabyの写真を撮りに行ってきましたよ~

DSC06893_20130620225744.jpg

わかってますってばぁ~
ママになっても相変わらず遊ぼう攻撃のプリティちゃんです

では、babyたちを生まれ順でご紹介しますね~

DSC07100.jpg

長男・ブルーリボン
188gで産まれて、生後4日目で242gです

DSC07084.jpg

次男・イエローリボン
184gで産まれて、生後四日目で268gです

DSC07052.jpg

三男・グリーンリボン
202gで産まれて、生後四日目で326gです

DSC07032.jpg

長女・レッドリボン
182gで産まれて、生後四日目で292gです

全員順調にスクスク育ってますよ~
でも問題がひとつ・・

DSC07180.jpg

初産のプリティちゃん
ママの自覚がまだ今ひとつ~かな~?
赤ちゃんのお世話より、遊びたくて仕方ない様子

DSC06986.jpg

babyから離れて、盛んに遊ぼうと誘いかけてきます~

DSC07154.jpg

でもbabyの順調な体重の増え方を見ると
ちゃんとママのお仕事もやってるんだよね、プリティちゃん♪
えらいね~♪

DSC06997_20130620231308.jpg

四頭の出産も、一番大きかった三男の出産のときだけは
ばあばも引っ張って手伝いましたが
他の子たちは、自力で産んだプリティちゃんです


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ブリーダーへ
にほんブログ村

↑一日一回クリックで、トイケネルのランキングがアップします♪
応援クリック、よろしくお願いしま~っす!

にほんブログ村 犬 ブリーダー←携帯電話からの方はこちらからクリックお願いします


いつも応援ありがとうございます
みなさんの応援がうれしくて
ばあば、幸せ~~♪
babyルームがまたにぎやかになりました
産後、神経質になるママ犬も多いのですが
プリティちゃんはとってもおおらか・・と言うかなんと言うか・・(笑)
でも、ちゃ~んと授乳とbabyたちのお尻のお世話は
教えなくてもちゃんとやってくれてるプリティちゃんです




トイケネル専属カメラマン芽衣のブログ
リトルマイダーリン☆オレ様たちとママの味+R
トイケネルで生まれて、大きくなったチワワの生活っぷり
よかったらこちらも覗いてくださいね~♪

問い合わせ先 電話022-386-4390




関連記事
546:親犬も仔犬も、みぃんな幸せに!

出産という大変な作業を
ばあばの元、何のストレスもなく 
天国のような環境で出来たからこそ
産後間もないというのに
「あそぼーあそぼー」って、はしゃいでいられるのですね
こんな風に元気な母犬を見ることは
いかに恵まれた環境で育っているかという証明です
全国のブリーダーさんのお手本!
素晴らしいことです
ブリーダーの本来あるべき姿を実践されています
犬猫は人間の暮らしに「幸せ」と「気づき」をもたらす存在
共に暮らすことは
人生に大きな豊かさをもたらすことになります
しかし、そこに「人間の欲望」が発生し
ビジネスとしての市場が作られてしまい
現在のような悪徳ブリーダーが暗躍する世の中になってしまいました
人間というのは、誘惑に弱いものです
といって、無力感に苛まれ、「何をしても無駄」
「私一人が何をやっても変わらない」と思うのは間違いです
何もしないということは悪事を認め、助長することになります
弱い人間だからこそ、常に
清く、正しく、美しいものに触れ、努めていくことこそ
あるべき人間の生き方です
ばあばさんは
正しきブリーダーの姿を通し、そうした高い使命の生き方をなさっていると思います
これからの時代は
女性の「感性」こそが、リーダーシップを取るべきです
そして、連帯を広げる中で
切磋琢磨、日々精進をお互いに学びあえる仲間を増やしていきましょう
アニマルクラブ石巻、教えて頂き有り難うございました
とても共感いたしました

2013.06.21 07:56 ふらっしゅまま #- URL[EDIT] 返信
547:No title

ふらっしゅままさん、穴があったら入りたいです。全国ブリーダーのお手本などとそりゃ~褒めすぎというものです。

でも殆どのブリーダーは健康で犬質の高い仔犬の作出に研鑽を惜しまず日夜努力しておりますよ。ただ悲しいかな生まれ出る命の如何より、商業主義に重点を置き乱繁殖していく人もあることは否めません。それは個々人のモラルの問題ですからね。

人も犬猫も生まれるところを選べませんし、生まれた仔犬たちは自分の意思で飼い主を選ぶこともできません。
選んでいただいたお家で生涯を家族として大切にされてこそ、命を全う出来るものと思っております。

これからも世界一可愛い我が家の子供たちのために、老骨に鞭打って(骨折しない程度に)ばあばは頑張りますよ~。

2013.06.21 13:57 ばあば #- URL[EDIT] 返信

管理者にだけ表示を許可する