トイケネルの子供たち

かわいいチワワがいっぱい!!

☆追悼ルナちゃん 生活の中にある危険☆

今日は悲しいお話です

いつもブログにコメントを寄せてくださっているmio02さんのご愛犬

IMG_8257.jpg

ルナちゃん
先日、誤飲による事故で亡くなりました

トイケネルにも二度遊びにいらしてくださったことがありました

P1150064.jpg

今回、mio02さんから、
今後、このような悲しい事故が起こらないように
トイケネルブログで、愛犬家のみなさんに注意喚起をして欲しいと
ご要望をいただきましたので、ルナちゃんへの追悼の思いを込めて
お話させていただきたいと思います

誤飲をしたものは、子供さんが使っていたアイスノンでした
mio02さんからお知らせいただいた経緯です

実はルナが子供に使っていたアイスノンの中身を破ったか破れた物を舐めてしまったらしく、
エチレングリコール中毒になり、現在急性腎不全で危険な状態にあります。

まさかアイスノンにそんな危険な成分が含まれているとは知らず、
嘔吐するルナを病院に連れて行って普通に処置を受けました。
しかし改善するどころか悪化。
アイスノンを思い出し、慌てて病院に連絡。そのまま入院しました。


事故から一週間、小さな体で懸命に戦いましたが
9月1日未明 ルナ・・月の女神の名前のまま、月の光に導かれるように
お空に上って行ってしまいました

合掌


エチレングリコール中毒について調べてみました

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

エチレングリコールは甘い味がするため、動物がかじって穴を開けた場合、
中から出て来たものを喜んでぺろぺろと舐めてしまう可能性があります。
すると、エチレングリコール中毒になってしまう可能性があります。

エチレングリコールは肝臓で代謝され、
グリコアルデヒドやグリコール酸エステル、シュウ酸エステルなどが産生されます。
時間とともにどの代謝産物が作られるかによって臨床症状が異なります
(だから、熱中症かなと思ってみていたら、
 実はエチレングリコール中毒だったという事もあり得るのです)。

ステージ1は最初の30分から12時間で起こるもので、
嘔吐、精神状態低下、神経症状、多飲多尿が見られます。

ステージ2は12~24時間で見られ、貧脈や呼吸速迫が起こります。

最終段階のステージ3は半日~一日以上たってからなるものですが、
最終的に産生されたシュウ酸カルシウムによって腎臓がダメージを受け、
腎不全になって高率で死亡します。

エチレングリコールが怖いのは、
「なんかふらふらしているけど様子を見よう」
と言っていると、あっという間に腎臓までやられてしまい、
腎不全で死んでしまうという事です。

しかも、ステージが進んだ後で治療を始めても、
もうすでに体の中ではシュウ酸カルシウムが作られてしまい、
手遅れになってしまいます。

治療としては、早く連れて来てもらった場合は吐かせたり、
胃洗浄を行ったりもしますが、
もう体がエチレングリコールを吸収してしまっている場合は、
「エタノールの静脈注射」が基本的な治療となって来ます。

これは、肝臓で
「エチレングリコール→代謝→毒性物質」
という変化が起こる前に、
肝臓の同じ代謝回路でアルコールを代謝しないといけないようにさせ、
エチレングリコールの代謝を競合阻害させようと言うものです。

エタノールを注射すれば、当然血中エタノール濃度が上がって体は酔っぱらうのですが、
エチレングリコールが分解されてシュウ酸カルシウムが作られてしまえば、
動物は死んでしまいますので、犬が酔っぱらった状態になってふらふらになろうが、
そんな事は言っていられません。

問題は、エタノールの注射が間に合うか、ということです。
注射をしたとしても、時間が間に合わずにエチレングリコールが分解されて、
毒性物質が作られてしまえば、それでもう"アウト"です。

また、エタノールを入れて競合させても、
あまりに多くのエチレングリコールを体が吸収してしまっていれば、
競合しきれず、毒性物質が作られてしまう可能性があります。

ポイントを抜粋しておくと、

・身近にある中毒物質なのに、危険性を知らない人が多い
・「パックを食べた」たという禀告がないと、診察してもまず分からない
・毒性物質が出来てしまった後ではほぼ手遅れ

ということです。

早い対処が必要なのに、症状が分かりづらく、
気づいた後では手遅れになっている可能性があるのが怖い中毒です。

血液検査にしても、初期には腎臓の数値は高くありません。
シュウ酸カルシウムが作られて腎臓がダメージを受け始めると、
しだいに腎臓の数値が上がって来るのですが、
数値が上がって来る段階になったら、
それはもうほぼ手遅れという事を意味しているとのことです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


IMG_8247_20120620200121.jpg

mio02さんとは、何度か個人的に愛犬談義を交わしたことがありました
ルナちゃんの生活環境、健康には、人一倍心配りをして大切に育てていらっしゃいました
どんなに注意をしていても、ちょっとしたところに事故の危険は潜んでいるのですね

ルナちゃんを突然失ったmio02さんのお気持ちを思うと
ばあばも私も、言葉もない気持ちでいます

そんな中で、勇気を持って二度とこんな悲しい事故が起こらないようにと
みなさんにお話くださったmio02さんに、敬意を表しながら
ルナちゃんのご冥福を、心からお祈りいたします。

ルナちゃん、おやすみなさい
また生まれ変わって、ママの元に戻って来てね



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ブリーダーへ
にほんブログ村

ルナちゃん安らかに・・

いつも応援ありがとうございます
みなさまがご愛犬と健康で幸せな日々を送っていただけるのが
ばあばの幸せです
関連記事
444:ありがとうございます

記事拝見いたしました。
自らの不注意と危ない物は無いだろうと怠慢だった恥をさらしても、皆さんにこのことは知っていただきたかったので、とても有り難く感謝の気持ちでいっぱいです。

犬を飼っていらっしゃる知り合いの方のほとんどがこのことをご存知ありませんでした。
だからこそ皆さんに知っていただきたかったので、トイケネルさんのご協力をお願いした次第です。

ルナとの最後の一週間は本当に言葉に表せないものでした。どうかこの記事によってこんな思いをされる方がいなくなりますように。

2012.09.05 08:26 mio02 #- URL[EDIT] 返信
445:あたしも知りませんでした

記事を拝見してビックリ致しました。
確かに人間の不注意による誤飲の話は聞きますよね。
あたし自身も持病の為、色々な薬を飲んでて飲み損ねて床に落として
何処へ行ったか分からなくなって…落ちていた錠剤を後から見つけた時は冷や汗をかいたものです。
どんなに注意していても、ワンちゃん達とは目線が違うから飼い主が気付かない事もあるでしょうし。
また、思ってもみない物に反応して口に入れてしまったりもありますものね。
改めて命を預かっているんだ、って気を引き締められた思いです。

ルナちゃんのご冥福を祈ってます。
お辛い中の勇気あるお話を聞かせていただけて、感謝致します。
どうか、この記事が沢山の愛犬家の方の目に留まりますように…。

2012.09.05 12:15 まゆげ #KYj0sH8o URL[EDIT] 返信
446:No title

mio02さん、ご投稿本当にありがとうございます。

お互いに愛犬家の身、おつらい気持ちはお察ししてあまりあるものがあります。今は何を申し上げてもお慰めになるどころか、悲しさが募るだけなことも承知しておりますので、月並みなことは申し上げませんが、一日も早くご家族の皆さんがお元気になられることをお祈りいたします。

この記事は本当にたくさんの方にご覧いただきました。

何方様も改めて身近に潜む危険に驚かれていることと思います。

ルナちゃんはブルームーンの夜、月の女神さまに導かれて天に召されたんですね。心からご冥福をお祈りします。



まゆげさん、いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます。

あの可愛いルナちゃんがと思いますと、胸が締め付けられるようです。

どこにどんな物質が使われているかなど、深く考えたこともありませんでしたが、これからはワンコたちのいのちを守るためにも、この教訓を忘れてはいけないと肝に銘じました。

残暑ももう少しの間かと思われますが、どうぞご自愛にてお過ごしくださいませね。

2012.09.06 00:50 ばあば #- URL[EDIT] 返信
447:

いつもブログ拝見させて頂いております。
この度は何と申し上げていいか…他所様のワンちゃんながら、この可愛い笑顔に涙が止まりません。

猛暑、残暑厳しき折、ドラッグストアでも安くアイスノンが入手出来ますし、暑さ対策として、人のみならず、ワンコに使用されている方もともすると多いかもしれません。

我が子は大丈夫と油断することなく、改めて危険と隣り合わせなのだという気持ちで生活したいと思います。

お辛い中、飼い主様、ほんとにどうもありがとうございました。
ルナちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

2012.09.06 08:45 pohe #- URL[EDIT] 返信
448:No title

hopeさん、コメントありがとうございます。お返事が遅くなりましてごめんなさいね。

そしていつもブログをご覧いただき、応援してくださいまして本当にありがとうございます。

ルナちゃんの事故は、事故と言うにはあまりにも悲しすぎますね。

保冷ジェルでこんなことになるとは、気づいている方は少ないと思います。

これを機会に商品に注意事項として、しっかり記述していただくよう然るべき所に要望するべきなのかと考えております。

今年は殊の外 残暑が厳しいですから、どうぞご自愛にてお過ごしくださいませ。

2012.09.08 11:26 ばあば #- URL[EDIT] 返信

管理者にだけ表示を許可する