トイケネルの子供たち

かわいいチワワがいっぱい!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆よくある質問~去勢・避妊は必要ですか?~☆

DSC03389.jpg
(幼稚園部屋にタイムくんが帰ってきた??
いえいえ、この子はシンゲンくん、去年11月に亡くなったタイムくんの息子です
そ~~っくりですね~~♪
今日はゲストを迎えた幼稚園部屋の様子をお伝えしながらのお話しです)

よくある質問シリーズ
今回でひとまず最終回としまして、とっても深く難しい問題

「去勢・避妊は必要ですか?」

DSC03386.jpg

去勢・避妊についてのメリットとしては
男の子の場合、前立腺肥大などの病気
女の子の場合、子宮や卵巣の病気を未然に防ぐということがあります

まずはこの観点からお話しをさせていただきますと
あるとき、ばあばが獣医さんから言われた言葉があります

DSC03686.jpg

「ばあばさん、たとえばあんたがもう子供いらないからとか
子供産みたくないからとかってんで、健康な子宮や卵巣取っちゃう?
取らないよねー、つまりはワンコも同じなんじゃないの?」

去勢・避妊の手術は、全身麻酔になりますから、
小さなワンコには、そのリスクもあります
世間的な流れは、去勢・避妊に肯定的・推進的ではありますが
こう言ったお考えの獣医さんもいらっしゃいます

DSC03692.jpg

しかしやはり「未然に防ぐ」という意味合いがあることも
もちろん否定は出来ません
確かに、病巣となりえる臓器がなくなっていれば、未然に防ぐことになりますからね
要因となることを、ひとつでも減らして
可愛い我が子であるワンコに、少しでも健康で長生きを!
これはみなさん共通の願いですよね

DSC03694.jpg

あとは、その子が置かれる環境によっても考えなくてはならない問題ですね
たとえば、男の子と女の子を一緒に飼う場合
女の子がヒートを迎えると、男の子はその匂いで発情しますから
それはそれは、必死で女の子にアタックしようとします
同胎で産まれた男の子と女の子であっても
そんなことはワンコには関係ないですから
「あんたたち実のきょうだいなのよ!」なんて言って聞かせてもどうにもなりません

DSC03670.jpg

家の中だけじゃなく、ヒート中にその子を外に連れ出せば
その匂いを察知した周りの男の子ワンコに狙われます
そうなると、狙う男の子が「失礼な子!」とは言えないわけですよね
ごく当たり前に持った本能がそうさせるのですから
そしてその匂いを感じながら、思いを遂げられない男の子は
すごいストレスを感じます
狙われる女の子だってストレスになりますね

DSC03671.jpg

男の子の場合、
去勢すれば、女の子にマウントしなくなるかと言えば、それはそうではありません
睾丸を取ったところで、本能を取るわけではありませんから
妊娠させる能力がなくなるだけで、女の子への興味は変わらなかったりします
その子の性格にもよりますけどね
去勢してから、だんだんそういう本能の部分が薄れて来るというのはあるようですが
マウントは、ワンコ同士の力関係の誇示ですから
完全に去勢によってなくなるかと言えばそうではありません
足あげおしっこに関しても、去勢前に覚えてしまえばそのままです

DSC03673.jpg

ワンコは一回の出産で複数頭の赤ちゃんが生まれるのが普通です
一頭だけの場合ももちろんありますが
それは結果でしかなく、複数生まれる、そう思ってください
ご家庭で、ご自分のワンコの間に産まれた子供が見たい!
そう願うのもよく聞く話ですし、そのお気持ちも理解は出来なくはありませんが
果たしてその子たちを、全部自分で育てられるか?
または、飼い主を見つけられるか?ということもあります

DSC03678.jpg

「犬のお産」と言えば、安産祈願は「戌の日」にというほどですから
安産の代名詞のように言われますが、実際は、特に小型犬の場合は
まさに命と引き換えの大変なことです
安易な繁殖は、不幸なワンコを増やす結果になりがちですから
本当に本当に、慎重に慎重に、考えて考えてくださいね

DSC03680.jpg

この記事のテーマである「必要ですか?」
これに対する明確な回答は、正直なところ出来ません
メリットもあり、デメリットもある
その両面からお考えくださって、飼い主さんがご自分の判断でお決めになることです
そうお返事させていただくしかありません

DSC03681.jpg

生まれいずる命を操作する・・
それは本来神様の領域であるのかも知れません
それを人間が行うこと
これに対して、人間は謙虚でなければいけない
十分以上に、心を込めた愛に満ちたものでなくてはならない
畏れを忘れてはいけない

それをトイケネルでは、ブリーディングの基本理念として
子犬を作出をして、育てて
そして、トイケネルで産まれた命によって
幸せなご家庭が増えること
それを心から願って毎日を過ごしております

心身ともに健康な子犬であることに責任を持ち
お渡しするご家族様が、終生その子を大切にしてくださる方であることも
お会いして安心した上で、命を託したい
そんな気持ちから、トイケネルでは、飼い主様とお会いしないままに
空輸などでお渡しすることは、原則お断りさせていただいております


↓このばあばが育ててます!


にほんブログ村

↑ご縁があったご家族様は、ばあばにとっても家族です
老体に鞭打つワンコにだけは頑固ばあばに、クリックで応援よろしくお願いしま~っす!


にほんブログ村 犬 ブリーダー←携帯電話からの方はこちらからクリックお願いします


いつも応援ありがとうございます
みなさんの応援がうれしくて
ばあば、幸せ~~♪
一週間に渡って、今までいただいたご質問の記事をお送りさせていただきました
今後も、こんな場合どうなんだろう?と思われることがありましたら
どうぞご遠慮なくお寄せくださいね
「こうしてください」「こうすべきです」
そういうお返事が出来ることは本当に少ないです
そのご家庭やそのワンコによって、答えが違うこともいっぱいありますからね
でも、こういう方法もあるよっていうお話で
悩んで先に進めないでいるとき、ちょっとはお手伝いできるかも知れません
ばあばは、ブリーダーである前に
一人のワンコ好きのばあさんですから♪


トイケネル専属カメラマン芽衣のブログ
リトルマイダーリン☆オレ様たちとママの味+R
トイケネルで生まれて、大きくなったチワワの生活っぷり
よかったらこちらも覗いてくださいね~♪

問い合わせ先 電話022-386-4390




関連記事

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。